相続税には色々と対策がありますから相談しましょう

2016年8月24日

相談先についてのこと

相続税相談の先としては、いくつかあります。一つは弁護士です。実は弁護士はその手のこともやっています。そもそも法曹資格として最上級であるわけですから、何でもできるわけです。但し、すべての弁護士がそれを得意としているのか、といいますとそれは違います。ですから、総則関係をメインにやっている弁護士を探すことが重要であるといえます。意外とインターネットですぐに見付かります。もう一つは税理士であり、こちらも法的な資格があります。

どんな対策をするのか

相続税の対策ですが、まずはなんといっても贈与です。相続なのにどうして贈与なのか、といいますと非課税枠があるからです。それを利用することによって相続金額自体を下げることができるようになっています。年間に110万円まで大丈夫ですから、これは相続人分、毎年行うべきでしょう。そうすればかなり総合的な相続税の金額を下げることができるようになります。但し、他に相続行為とされる可能性があることはしないほうがよいでしょう。

申告に関することについて

相続税というのはかなり控除があります。やり方次第ではほぼ非課税で相続させることもできるでしょう。では、申告はどうするのか、といいますと様々な控除を利用するのであれば確実にすることになります。そんな書類は書いたことがない、と言う人が多いでしょう。そもそも行為として一生に二度もあれば多いくらいなのですから、それは仕方ないです。そこでお勧め出来るのが税理士です。ほぼ丸投げでよいでしょう。それで解決できます。

相続税相談は税理士に頼みましょう。馬鹿にならない相続税を法律の範囲内で可能な限り低く済むように相談に乗ってくれます。