通信制高校で高校卒業資格を得る方が認定試験より楽

2016年8月25日

高等学校卒業程度認定試験

昔の大検である高等学校卒業程度認定試験は、範囲が広いので、これをパスするのはたいへんです。通信制高校を卒業するほうがずっと楽です。通信制高校で単位をとる際は、やり直しも効きますし、補習もあります。一発勝負という面が少ないため、高等学校卒業程度認定試験よりもチャンスが大きいと言えるでしょう。狭い範囲の課題を、一つ一つこなしていけばいいのです。認定試験は一度に大量の知識を試されますので、普通に高校を卒業するよりもずっとたいへんです。

通信制高校のメリット

通信制高校の卒業資格は、通学制の高校の卒業資格となんら変わりはありません。例えば公務員試験などを受けるときに、高校卒業資格が必要な場合、高校名は関係ありません。高校を卒業しているかどうかだけの話になりますので、高校卒業資格は取っておくにこしたことはないのです。他にも高校卒業資格が必要な場面はいろいろあります。通信制高校に年齢制限はありませんので、学校から離れてしばらく経過している場合でも、入学して単位をとり、卒業しておくことが望まれます。

入学を随時受け付けているところも

通信制高校のシステムは千差万別です。例えば入学や編入の時期も、期間を区切っているところもありますが、多くの通信制高校では随時生徒を受け入れています。思い立ったら吉日ということで、決心したらすぐ足を運んでみるのが良いでしょう。早く高校卒業資格を取って、早くその資格を生かすことです。通学の必要はほとんどなく、自宅学習が基本となりますが、希望によって、通学コースに通える通信制高校もあります。さまざまな選択が可能となっているわけです。

現在、通信制高校で勉強する人が急増しています。仕事や趣味のことをしながら高校を卒業できるということで大人気です。