これだけ準備すれば大丈夫!効果的な相続税の軽減対策3選

2016年8月24日

生前贈与を活用した軽減策

親など親族から遺産が入ってくる場合、相続税はなるべく少なく抑えたいですよね。相続税の軽減策の一つに生前贈与があります。生前贈与とは財産を所有している被相続人が生きている間に次の世代へ贈与することで、遺産金額を少なくするだけではなく生前に意思を表明することもでき有効な手段になっています。生前贈与の場合は110万円以下であれば贈与税がかからないので、毎年少しずつ現金を贈与することがポイントになります。

不動産を活用した相続税の軽減策

他にも相続税の軽減策として不動産を活用した方法があります。不動産を活用した軽減策の方法には遊休不動産を活用して土地の評価額を下げる方法と現金を不動産にシフトして評価額を下げる方法があります。遊休土地を活用した軽減策は固定資産税が必要経費になり所得税の軽減に役立ったり、更地から建物を建てることによって固定資産税自体が安くなる効果があります。現金を不動産にシフトして評価額を下げる方法は、相続評価が市場価格の7割から8割になるのでそれを利用します。

生命保険を利用した相続税の軽減策

生命保険を利用した相続税の軽減策は、法定相続人の数に500万円を掛けた金額が生命保険金の非課税額になります。生命保険金を利用して相続税対策を行う場合の注意点としては、高齢になってしまうと保険に加入できない場合があるので早めに対策する必要があります。生命保険を利用した相続税の軽減策は金銭的にも大きな評価減を伴うものではありませんが、納税資金を確保できる手段になるで残された家族に非常に有益な方法になります。

相続の申告を税理士に依頼する方法を理解するには、ある程度の経験が必要とされ、まずは税務のプロの事務所に相談をすることが効果的です。